こべしら 神戸矯正歯科バイブル
神戸の矯正歯科専門メディア こべしら » 矯正基礎情報集 » 40代から始める矯正について

40代から始める矯正について

公開日: |最終更新日時:

若い時に、歯の矯正治療を受けておけば良かったと、後悔している方も少なくはないと思います。そこでここでは40代から受けることができる歯の矯正治療法や矯正治療のメリット・デメリット、40代からのおすすめの矯正治療装置について紹介しています。

40代で歯列矯正を始めるメリット・デメリットは?

40代で歯列矯正をするとどのようなメリットやデメリットがあるのか、詳しく説明していきたいと思います。治療を迷っている方は、しっかりとチェックしてみましょう。

メリット

歯周病になりにくくなる

歯を失う原因の一つに歯周病があります。歯周病は、歯石や歯垢の細菌の付着により細菌の出す毒素により歯の周りの組織を破壊し歯を支える骨が少しずつ溶けてしまいます。

矯正治療で歯並びを整えることで、ブラッシングが行き届き、歯がしっかりと嚙み合うことで自浄作用が高まり、歯周病にかかりにくくなると言われています。

虫歯や歯周病の予防

歯の矯正治療により、歯並びを整えることで、細かいところまでブラッシングが行き届き、みがき残が少なくなります。このことで、虫歯や、歯周病の原因である「プラーク(細菌が増殖したかたまり」」も付着しにくくなり、虫歯や歯周病の予防効果も期待できます。

また、虫歯や歯周病は年齢を重ねることで悪化し、口臭や歯が抜けてしまうといったリスクもあります。これらのリスクを軽減できる効果も期待できます。

咀嚼(そしゃく)できるようになる

歯並びが悪いと、噛む力が左右で違ったり、一部の歯に過剰に力が加わったりします。このことで、きちんと食べ物をくだけなかったり、歯茎に過度な力が加わったりします。矯正治療で歯並びを整えると、咀嚼したときに歯茎への過度な力がかかりにくくなり、歯を長持ちさせる効果が期待できます。さらに食べ物をきちんと噛みきり、すりつぶすことができるようになるため胃や腸への負担を軽減することにも繋がります。

デメリット

虫歯や歯周病がある人は治療が優先

矯正治療を行う前には、虫歯や歯周病の治療を優先してする必要があります。なぜなら、治療をしないまま矯正治療を行うと、症状が進行してしまい歯を失ってしまう可能性があります。また、虫歯は矯正治療完了後に治療すると、かぶせモノや詰め物の影響で嚙み合わせが悪くなることもあります。さらに、矯正治療後に歯を抜いてしまうと歯並び変化し、治療期間と費用が駄目になってしまいます。

治療期間が長引くこともある

歯の矯正治療は、子どもと違い、大人は顎や歯の成長が終わり骨が固まっているため、歯が動きにくくなっています。

矯正治療は、骨を破壊し再生力を利用する治療のため、年齢が上がれば再生力も低下します。そのため、治療期間は長引く傾向があります。また、これに加えて歯が元の位置に戻ろうとする力が働くので治療期間がかかる要因となっています。

40代におすすめの矯正装置は?

リンガルブラケット

リンガルブラケットとは、歯の裏側に矯正器具を装着する治療方法です。表側矯正と同じように、ワイヤーとブラケットを使用します。表側矯正より費用は高くなりますが、歯の裏側に矯正器具を付けているので、目立ちにくいといったメリットがあります。さらに矯正器具が頬にあたらないので口に中を傷つけるリスクも軽減できます。

インビザライン

インビザラインは、マウスピース型の矯正器具を使用する治療方法です。治療する方針に合わせて複数のマウスピースを作り、新しいマウスピースに交換しながら治療を行っていきます。また取り外しが可能なので、食事の際に装置が気になるということはありません。

ハーフリンガル矯正

ハーフリンガル矯正は、上の歯は裏側に、下の歯は表側にブラケットを装着する治療法です。口を開けるときに見えやすい、上の歯のみに矯正器具を付けるので、リンガルブラケットと比較すると費用も安く済みます。さらに、上下とも歯の裏側に装置を付けるリンガルブラケットに比べて、発音もしやすくなります。

取り外し可能で目立たないインビザライン治療

若い時に矯正治療をしておけばと、後悔している人も少なくはないと思います。今の矯正治療は、程度や体調にもよりますが、年齢に関係なく受けることができます。40代からでも受けることができる矯正治療もさまざま。なかでも、取り外しができて、目立たないマウスピースを使ったインビザライン治療を検討してみてはいかがですか。

神戸矯正
歯科グループ
インビザライン
ブラックダイヤモンド
プロバイダー
401症例以上
※2019年

相談してみる

0120-505-589
アキラ矯正
歯科クリニック
インビザライン
プラチナプロバイダー
51症例以上
※2019年

相談してみる

078-754-6874
神戸三宮歯科・
矯正歯科クリニック
インビザライン
プラチナプロバイダー
51症例以上
※2017・2018年を含む
4年間

相談してみる

078-200-5488
症例数はどのくらい?
インビザラインプロバイダー認定 神戸の矯正歯科
神戸矯正歯科グループ
               
インビザライン
ブラックダイヤモンド
プロバイダー
401症例以上※2019年
アキラ矯正歯科クリニック
インビザライン
プラチナプロバイダー
51症例以上※2019年
神戸三宮歯科・
矯正歯科クリニック
インビザライン
プラチナプロバイダー
51症例以上
※2017・2018年を含む4年間

※2019年10月現在、各公式サイトで公表しているインビザラインプロバイダーランクです。

関連ページ

神戸の矯正歯科専門メディア こべしら

矯正基礎情報集
保険適用の矯正について
矯正の噛み合わせについて
抜歯を伴う矯正について
50代から始める矯正について
矯正歯科と審美歯科について
30代から始める矯正について
矯正の料金について
20代から始める矯正について
矯正中のケアについて
矯正の認定医について