こべしら 神戸矯正歯科バイブル
神戸の矯正歯科専門メディア こべしら » 矯正基礎情報集 » 矯正治療中は活動制限があるの?

矯正治療中は活動制限があるの?

公開日: |最終更新日時:

矯正治療中は念入りなブラッシングが必要になり、乱暴な食べ方ができないないなどの活動制限が生じます。楽器の演奏やスポーツなどへの影響があるのか、心配な方もいるでしょう。ここでは、矯正治療中の楽器演奏やスポーツへの影響や注意すべき点、矯正装置による影響の違いなどについて紹介します。

楽器演奏やスポーツへの影響は?

矯正治療が楽器演奏やスポーツへ与える影響にはどのようなものがあるのでしょうか。口を使って演奏するトランペットやトロンボーン、クラリネットなどでは影響がありますが、注意点を守れば矯正治療との両立は可能です。また、スポーツでもいくつかの注意点に気を付ければ矯正治療との両立できますが、一部のスポーツ種目においては両立するには工夫が必要です。

楽器演奏は?

口を使って演奏する楽器には、金管楽器のトランペットやトロンボーンなど、木管楽器のクラリネットやサックスなどがあります。どちらの場合も慣れていないと矯正治療中での演奏は違和感があります。

影響の度合いは金管楽器と木管楽器では異なり、木管楽器のクラリネットやサックスではそれほど大きな影響はなく、慣れるのも早いです。しかし、金管楽器トランペットやトロンボーンなどは慣れるのに時間がかかります。

金管楽器トランペットやトロンボーンは唇を楽器の吹き口に押し当てて演奏します。唇が楽器の吹き口に強く押しつけられるため、ブラケット矯正では唇に痛みを感じることが多いのです。

木管楽器のクラリネットやサックスでは吹き口を上の前歯に当てて、下唇と下の前歯で支えるようにして演奏します。下唇は内側に巻き込んだ状態になるのでブラケット矯正では下唇に痛みを感じる場合があります。

これらの痛みは演奏を続けるうちに、慣れてきて痛みをあまり感じずに演奏できるようになる場合もありますが、痛みが続く場合は対策する必要があります。

どのようなことに気を付けたら良い?

管楽器の演奏中の痛みを軽減する対策としては、矯正用のワックスを使用する方法があげられます。これは粘土やガムに似た形状のため、ブラケットが唇にあたってしまう部分にかぶせることで、直接当たらないようにし、痛みを軽減します。

もう一つの方法は、ブラケット矯正ではなくマウスピース矯正を選択することです。マウスピース矯正であれば、違和感はありますが、ブラケット矯正よりも痛みやストレスを感じることが少ない状態で演奏が可能です。

この他、矯正治療の相談をする際には担当の医師に楽器を演奏していることを伝えておきましょう。適切な治療方法を選択してもらえるうえ、ケアのアドバイスも受けられます。

スポーツはできる?

矯正治療中にスポーツはできるのかについては、矯正治療で使用している矯正装置とスポーツの種目によります。ほとんどのスポーツでは矯正治療との両立が可能ですが、顔に衝撃を受けるボクシングなどの格闘技やアメフト、ラグビーなどのスポーツでは注意が必要で、怪我の心配が少ない矯正装置を使用して矯正治療を行うのが理想です。

また、顔に衝撃を受けるボクシングなどの格闘技やアメフト、ラグビーほどではありませんが、サッカーやバスケットボールなどの体同士がぶつかり合うコンタクトスポーツも気を付けたほうがよいでしょう。

マウスピースタイプの場合

マウスピースタイプの場合は、歯に取り付ける硬質の装置は小さなアタッチメントだけなので、スポーツと矯正治療を両立させるのにとても向いています。マウスピースタイプの矯正装置で治療をしている場合は、矯正治療をしていない場合とほぼ同じと考えてよいでしょう。

顔に衝撃を受けるボクシングなどの格闘技やアメフト、ラグビーなどのスポーツや、サッカーやバスケットボールなどの体同士がぶつかり合うコンタクトスポーツの場合は可能であればマウスピースタイプの矯正装置を選択するのがおすすめです。

マルチブラケット装置の場合

マルチブラケット装置の場合は、舌側矯正をしている場合は、比較的安全で多少衝撃を受けても問題ありませんが、唇側矯正をしている場合は注意が必要です。

唇側矯正をしている場合は、顔に衝撃を受けると装置が外れてしまったり、口の中を傷つけたりしてしまう可能性があります。

これを防ぐにはマウスピースタイプの矯正装置を選択するか、どうしてもマルチブラケット装置での矯正が必要な場合は、ブラケットごと覆い隠すマウスガードを作ってもらい、使用する方法もあります。

保定装置(リテーナー)の場合

保定装置(リテーナー)の場合は、マウスピースタイプのものであれば、矯正装置と同様にそのままスポーツをしても問題ありません。

ワイヤーとプラスチックのタイプの保定装置(リテーナー)の場合は、顔に衝撃を受けるボクシングなどの格闘技やアメフト、ラグビーなどのスポーツや、サッカーやバスケットボールなどの体同士がぶつかり合うコンタクトスポーツではワイヤーが変形してしまう恐れがあるので、取り外してから行ったほうがよいでしょう。

その他の取り外し式の装置の場合

子供用の矯正装置などで取り外し式の装置の場合は、格闘技やコンタクトスポーツをする際は取り外してから行うのが安全です。必要な装着時間と練習時間との兼ね合いもあるので、心配な場合はかかりつけの医療機関で主治医と相談し、練習中も装着が必要な場合は対策を考えておきましょう。

どのようなことに気を付けたら良い?

マウスピースタイプの注意点は、マウスピースが破損していると、衝撃を受けたときに思わぬ怪我につながる可能性があることです。マウスピースに不具合がある場合は早めにかかりつけの医療機関で主治医に相談しましょう。

顔に衝撃を受けるボクシングなどの格闘技やアメフト、ラグビーなどのスポーツや、サッカーやバスケットボールなどの体同士がぶつかり合うコンタクトスポーツをする場合はマウスピースタイプの矯正装置がおすすめです。しかし、どうしてもマルチブラケット装置での矯正が必要な場合は舌側矯正にする、ブラケットごと覆い隠すマウスガードを装着するなど対策したほうがよいでしょう。

ワイヤーとプラスチックのタイプの保定装置(リテーナー)やその他の取り外し式の装置の場合は、格闘技やコンタクトスポーツをする際は取り外してから行います。このとき、取り外した装置が誤って捨てられたり汚れたりしないよう、専用のケースに保管しておきましょう。

万が一、スポーツで怪我をしてしまった場合は、全身の治療を優先し、状態が落ち着いてから早めに矯正治療を行っているかかりつけの医療機関を受診しましょう。

楽器演奏やスポーツと矯正治療の両立は可能

楽器演奏やスポーツと矯正治療との両立は可能で、マウスピース矯正なら怪我の心配や痛み・ストレスを少なくすることができます。ブラケット矯正が必要な場合も、矯正用のワックスやマウスガードなどで対策することにより、矯正治療と楽器演奏やスポーツの両立は可能です。

しかし、ブラケット矯正が必要な場合で格闘技やコンタクトスポーツをする際は、とくに注意する必要があります。かかりつけの医療機関で主治医とよく相談し、対策をすることが大切です。

神戸矯正
歯科グループ
インビザライン
ブラックダイヤモンド
プロバイダー
401症例以上
※2019年

相談してみる

0120-505-589
アキラ矯正
歯科クリニック
インビザライン
プラチナプロバイダー
51症例以上
※2019年

相談してみる

078-754-6874
神戸三宮歯科・
矯正歯科クリニック
インビザライン
プラチナプロバイダー
51症例以上
※2017・2018年を含む
4年間

相談してみる

078-200-5488
症例数はどのくらい?
インビザラインプロバイダー認定 神戸の矯正歯科
神戸矯正歯科グループ
               
インビザライン
ブラックダイヤモンド
プロバイダー
401症例以上※2019年
アキラ矯正歯科クリニック
インビザライン
プラチナプロバイダー
51症例以上※2019年
神戸三宮歯科・
矯正歯科クリニック
インビザライン
プラチナプロバイダー
51症例以上
※2017・2018年を含む4年間

※2019年10月現在、各公式サイトで公表しているインビザラインプロバイダーランクです。

関連ページ

神戸の矯正歯科専門メディア こべしら

矯正基礎情報集
矯正の認定医について
持丸先生に矯正治療のあれこれを突撃インタビュー!
50代から始める矯正について
矯正の噛み合わせについて
矯正の料金について
20代から始める矯正について
30代から始める矯正について
矯正で失敗するとどうなってしまう?
抜歯を伴う矯正について
40代から始める矯正について