こべしら 神戸矯正歯科バイブル

抜歯を伴う矯正について

公開日: |最終更新日時:

治療期間や仕上がりの審美性などの観点から、抜歯矯正と非抜歯矯正それぞれのメリットを紹介しています。

抜歯した方がよい矯正とは

できることなら、健康な歯は残しておきたいと思う人は多いでしょう。しかし、抜いたほうが治療がうまくいくケースもあります。

乱ぐい歯・八重歯など、歯が混み合っているケースの歯列矯正では、多くの場合ワイヤーなどの矯正装置を装着する前に抜歯が行なわれます。

複雑な乱ぐい歯の場合は、抜歯を余儀なくされますが、軽度の場合は歯を抜かずに歯列を治す、非抜歯矯正も可能です。

複数の矯正歯科でカウンセリングを受けた患者さんが、あるところでは「抜歯しなければ無理」と言われ、あるところでは「非抜歯が可能」と言われて、どちらを取るか悩む、という話もよく聞きます。

そんな場合に備えて、抜歯矯正・非抜歯矯正それぞれのメリットを覚えておくといいでしょう。

抜歯矯正のメリット

歯を大きく動かしたい場合は、基本的に抜歯矯正を行ないます。さまざまな症例に対応できるのが抜歯矯正の利点です。また、歯を並べるスペースが大きく広がるので、治療後の後戻りが少ないメリットもあります。また出っ歯の調整もしやすいので、横顔のラインを整えやすくなります。

抜歯する矯正の方法

歯列矯正のために歯を抜く際は、重なって生えている部分の歯ではなく、犬歯の一つ奥の小臼歯と呼ばれる歯を抜くのが一般的です。それ以上奥の歯を抜くのは負担が大きく、また前歯を抜くと正面の印象が不自然になることから、この歯が抜かれるようです。

ただし、虫歯が進行している歯がある場合は、そちらを優先して抜く場合があります。

また、親知らずの抜歯も矯正前によく行なわれます。親知らずに押されて歯が重なり合っているケースでは、親知らずを抜くことが薦められます。

非抜歯矯正のメリット

非抜歯矯正の利点は、まず抜歯による痛みやダメージが一切ないことです。そのため、体質や病気で麻酔が使えない人も矯正ができます。

また、抜けた歯の分を埋める必要がなく、歯の移動距離が少ないので、治療期間は短縮されます。さらに、歯を削って小さくするので、前歯の大きさを気にしている人には向いているといえます。

抜歯しない矯正の方法

非抜歯矯正でよく行なわれるのは、「スライス矯正」と呼ばれる歯を削る方法です。

そもそも乱ぐい歯は、顎の歯列アーチに対して歯が大きく、並びきらないという現象。歯の左右を少し削って小さくすることで、アーチの上にきれいに歯を並べることができます。

その際、削る部分は歯の最表層であるエナメル質のみ。痛みは全くありませんので、麻酔を使わずに治療を行なうことができます。

また、削った面はよく研磨し、フッ素加工を施すので、虫歯になりやすくなるといった心配もありません。

スライス矯正は行なっている医院と、そうでない医院がありますので、担当医によく確認してください。

神戸矯正
歯科グループ
インビザライン
ブラックダイヤモンド
プロバイダー
401症例以上
※2019年

相談してみる

0120-505-589
アキラ矯正
歯科クリニック
インビザライン
プラチナプロバイダー
51症例以上
※2019年

相談してみる

078-754-6874
神戸三宮歯科・
矯正歯科クリニック
インビザライン
プラチナプロバイダー
51症例以上
※2017・2018年を含む
4年間

相談してみる

078-200-5488
症例数はどのくらい?
インビザラインプロバイダー認定 神戸の矯正歯科
神戸矯正歯科グループ
               
インビザライン
ブラックダイヤモンド
プロバイダー
401症例以上※2019年
アキラ矯正歯科クリニック
インビザライン
プラチナプロバイダー
51症例以上※2019年
神戸三宮歯科・
矯正歯科クリニック
インビザライン
プラチナプロバイダー
51症例以上
※2017・2018年を含む4年間

※2019年10月現在、各公式サイトで公表しているインビザラインプロバイダーランクです。

関連ページ

神戸の矯正歯科専門メディア こべしら

矯正基礎情報集
矯正の認定医について
保険適用の矯正について
矯正の噛み合わせについて
矯正の料金について
矯正歯科と審美歯科について
持丸先生に矯正治療のあれこれを突撃インタビュー!
矯正中のケアについて