HOME » 治療前の歯列矯正ガイド » 目立たない・見えない矯正方法

目立たない・見えない矯正方法

見た目を気にしないで矯正ができる方法について紹介しています。

クリアライナーによる歯科矯正

透明な取り外し式のマウスピースを使った矯正の方法です。このマウスピース型を1日20時間以上つけることで、歯が動いて矯正ができます。医院によっては60,000円程度からと、手軽にはじめられる矯正方法です。

着脱は自分で自由に出来ますので、取り外して違和感なく食事ができますし、普段通り歯磨きも出来るので虫歯にもなりにくくなります。

もちろん透明なので見た目に目立つ事がありません。ただし歯の重なりが強かったり骨格に問題がある場合などは出来ないこともあります。

歯の裏側から出来る矯正方法

インコグニート(アイブレイス)という歯の裏側に装置をつける矯正方法があります。装置全てが歯の裏側にあるため、笑っても見えず、矯正していることが全く分かりません。接客業などの職業柄、目立つ装置を見せたくないと言う方にぴったりです。

また従来の裏側矯正では接着剤がたくさん必要で、歯の裏側が厚くなり口の中にどうしても違和感がありましたが、インコグニート(アイブレイス)は接着剤が少なく厚みもほとんどないため、違和感が少ないのが特徴です。

白いワイヤーと白いブラケットを使う方法

一般的な矯正方法では、銀色のブラケットとワイヤーを使いますが、白いブラケット&ワイヤーを使う方法もあります。(クリニックによっては白いブラケット&銀色ワイヤーもあります)

通常よりも非常に目立ちにくいことや上品な雰囲気になること、更に比較的料金も他の方法に比べて抑えられることが特徴です。歯の表側に付けますが、近くまで寄らないと分からないという方も多く、お手頃で見えにくい矯正が出来ると人気があります。