HOME » 治療前の歯列矯正ガイド » 【番外編】子供の歯科矯正

【番外編】子供の歯科矯正

大人になってからの様々な悩みや病気を改善する、子供の歯科矯正の詳細や過程について紹介しています。

歯科矯正は子供の時にやるべき!?

矯正は大人になってからも可能ですが、子供の時から行うとより良い治療が行えます。大人の場合は、顎の骨の成長が終わっているため、歯を動かすだけの治療になってしまいます。しかし、子供の場合は成長段階にあるため、顎の骨の成長をある程度コントロールしながら治療を行うことが出来るのです。
子供の歯や骨格の状態にもよりますが、3~4歳の乳歯の時や前歯が生え変わった6~7歳ごろに治療を行うのがオススメです。10歳ぐらいになると、顎の成長がゆっくりになるのでコントロールがしにくくなり、簡単に治るケースは激減します。

この時期に矯正をすると、費用が安くなります。また、歯並びが悪いことによる、虫歯も予防できるのです。不必要な抜歯も減らすことが可能です。また、海外では、子供に歯科矯正させる事が一般的になっている国もあります。大人になってからの様々な悩みや病気を予防・改善させる、子供の歯科矯正は、親の教育が行き届いていると思われるようです。

その他のデメリットも予防・改善できます。

  • よく噛めず、あごの成長が遅くなってしまう
  • よく噛めず、すぐに飲み込んでしまうので肥満になりやすい
  • 咬み合わせが崩れ、顎に負担が掛かる。顎関節症にもなりやすい
  • 息が漏れやすくなり、発音や滑舌が悪くなる

また、顎の成長を正しい形に促すことにより、手術の必要性も減少されます。
顎が悪い傾きの歯に添って成長、顎のズレが非常に大きくなってしまった場合には、顎の手術と矯正治療が必要になってしまう事もあるのです。

矯正の過程について

子供の歯科矯正は、第1期治療と第2期治療に分けて治療を行います。

第1期治療では、現在の悪条件を改善し、土台である骨格の成長を正しい軌道に修正します。これが骨格の問題を防ぐことに繋がり、同時に歯の生え変わりも管理するメリットに繋がるのです。治療は1~2年で終了します。

第2期治療は、大人の歯に全て生え変わり、顎の成長発育がほぼ終わった段階で行います。必要に応じて仕上げの矯正し、骨格の悪条件が改善しつつある状態で歯並びの仕上げをするのです。抜歯する確率も低くなるため、第1期治療だけで終了できる場合もあるようです。治療には2~3年掛かります。