HOME » 治療前の歯列矯正ガイド » ブラケット&ワイヤーの種類

ブラケット&ワイヤーの種類

以前からあるスタンダードな矯正治療法、ワイヤー矯正について紹介しています。

ワイヤー矯正は、歯にメタルのブラケットを装着するのが一般的です。
最近は、審美も意識した透明のプラスチックや白いセラミックのブラケットも登場。その種類やメリット・デメリットなども紹介します。

最もスタンダードなワイヤー矯正治療

ワイヤー矯正治療では「ブラケット」という装置を歯に取り付けて、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていきます。ワイヤー矯正は、基本的に全ての不正咬合に対応できる矯正法で、最もスタンダードな方法。一般的に「矯正」と言うと、このワイヤー矯正を指します。

昔から行われてきた矯正法なので、実績があり治療期間が比較的短めなのがメリット。逆に、デメリットは以下の通りです。

  • 歯の表面にブラケットやワイヤーを取り付けるので、見た目が気になる。
  • 矯正中は虫歯になりやすい。

ワイヤー矯正を行う場合には、歯にブラケットという装置を付けなければなりません。ブラケットは以前であれば金属のものが主流でしたが、最近は透明のプラスチックやセラミックのものもあります。金属のブラケットだと見た目が良くないと、審美を意識する人にはオススメでしょう。

ただし、ワイヤーは見えないわけではありません。また、多少治療期間が長くなる、治療費が少し高くなるデメリットもあります。

ブラケットやワイヤーの種類とそのメリット・デメリット

メタルブラケット

昔から使われている、オーソドックスなメタル製の装置。ニッケル、クロムなどでできた合金で薄くて丈夫、しかも治療費も安めです。
最近は金属アレルギーの人のために、生体に親和性の高い、チタニウム製のものも選択できる矯正医院もあるようです。最近のサイズは小さくなり、昔ほど目立たなくなりました。汚れがつくとすぐに分かるため、歯ブラシなどの手入れも比較的簡単にできます。

メタルブラケットのメリット・デメリットは以下の通りです。

■メリット

  • 材質が頑丈なため変形が少ない。
  • ワイヤーとの摩擦抵抗が、少ないため歯が早く動く。
  • 装置についた汚れがわかりやすい。

■デメリット

  • 装置が目立ち審美性に欠ける。
  • 歯にブラケットがあたると、歯が削れることがある。
  • 金属アレルギーが発症することがある。

クリアーブラケット、セラミックブラケット

20年ほど前に開発された、審美性を意識したブラケットです。

素材は、金属ではなく透明のプラスチックや白いセラミック、硬質プラスチック、サファイヤ結晶などがあり、かなり目立ちにくくなります。セラミック製、サファイヤ単結晶は、治療中の変色が少なく審美性は抜群。

ただ、ワイヤーとの摩擦抵抗が大きく、治療期間はメタルブラケットより長くかかる傾向があります。硬質プラスチック製のものは、やや壊れやすい傾向。
摩擦抵抗は少なく、変色もおきにくい材質です。

クリアーブラケット、セラミックブラケットのメリット・デメリットは以下の通りです。

■メリット

  • 装置が目立たず審美性に優れている。
  • 硬質プラスチック製のものは、装置が歯にあたっても歯が削れない。
  • 金属アレルギーの発症がない。

■デメリット

  • メタルブラケットに比べて壊れやすい。
  • 装置についた、汚れがわかりにくい。

ホワイトワイヤー

メタルではない白いワイヤーの装置です。2~3m離れると、矯正をしていることが分かりません。目立ちにくく、見えても上品な感じで違和感などがなく自然な感じ。
ただ、壊れやすいという難点も…。また、通院間隔も1~2週間に1度と短くなります。

ホワイトワイヤーのメリット・デメリットは以下の通りです。

■メリット

  • 遠目だと矯正しているのが、ほとんどわからない。

■デメリット

  • 通院間隔が、他のものに比べて短い。
  • ホワイトワイヤーはずっと使えない。