HOME » 矯正歯科の治療費について » 保険の適応を受けるために

保険の適応を受けるために

保険のきく歯列矯正とはどんな治療なのか、保険のきく医療機関とはどんな所なのかを紹介します。

保険は先天性疾患による歯列矯正のみ

口唇裂や口蓋裂、顎変形症の矯正治療の場合は、保険が効く場合があります。これらは先天性疾患に関するものになります。

例えば顎変形症の場合は、上アゴや下アゴが前後・左右に大きくずれてしまいます。これが原因で噛みあわせや歯並びの悪さがおこり、通常のワイヤーによる矯正では治療ができないため、あごの手術を受けなくてはいけません。そのため顎変形症の場合、外科手術のみならず、手術前後の歯の治療にも保険がきくことがあるようです。

ただし保険がきくのは、顎口腔機能診断施設の認定を受けた医療機関のみなので、治療前によく確認しておくことが大切です

審美目的の歯列矯正は保険適応外

一般的な歯の矯正治療には保険を適応することは出来ません。例えば出っ歯や受け口、乱ぐい歯、八重歯など、歯並びを良くするためにする治療は自費診療になります。

自費診療のため、治療費の総額が高くなるので、少しでも取り戻すために医療費控除の申告をしましょう。

1年間に10万円以上の医療費を払った場合、矯正歯科も確定申告をすれば税金が戻ってきます。通院の際にかかったバスや電車の交通費も対象になるので、領収書を取っておく・メモをするなどしておくことをおすすめします。

適切な料金で歯列矯正するために

検査から装置の取り付け、調整費用など全てが自費診療になる矯正治療は、合計金額がとても高額になりがちです。

特に最近人気の、目立ちにくい白色や透明のブラケット、歯の裏側につける装置などは、費用も従来のものよりもアップするので、治療前の費用の相談についてはきちんと行いましょう!

カウンセリングできちんと費用について話し合えたり、納得するまで治療の話し合いをしてくれる医師がいるクリニックを選んで下さい。初回の無料カウンセリングを実施しているクリニックも多くありますから、矯正を考えている方は複数の医院にカウンセリングを申し込まれることをおすすめします。